おすすめのほくろ除去方法とほくろ除去クリームの危険性

ほくろに悩んでる方がこのページに訪れてると思います。
・ほくろ除去の方法
・おすすめのほくろの除去方法
・ほくろ除去クリームの危険性
などについて記載していきます。

 



※ほくろ除去クリームこちらよりお申し込みができます。
日本で一番の実績と販売数ニッキーモールアウトクリーム


ほくろ除去の方法

ほくろ除去をするには大きく分けて2種類あります。
・皮膚科や形成外科、そして美容外科などの
病院でほくろ除去する方法と
・自分の家でご自身でほくろを取る方法

病院でほくろ除去するのはお医者様がやってくれるので
大変おすすめですが費用が高いというマイナス点もあります。

自宅で自力でほくろ除去する方法はおすすめできる方法
おすすめできない危険性のある方法がありますので
紹介していきますね。

 

皮膚科でのほくろ除去方法

皮膚科や形成外科、美容外科でほくろ除去するには
2つの方法に分けられます。
1つは炭酸ガスレーザーを使う方法
もう一つはメスで切開する方法です。

皮膚科や形成外科、美容外科でのほくろ除去は
お医者様の診察があるので最も危険性のない
安全なほくろ除去方法だと言えます。

診察の際はそのほくろに危険性がないかダーモスコピー
という道具でほくろの良性、悪性を確認してから
ほくろの除去手術がされます。

 

炭酸ガスレーザーによるほくろ除去方法

炭酸ガスレーザーはCO2レーザーとよばれほくろ除去には
もっとも使われる法うほうです。

炭酸ガスレーザーははほくろ除去以外にもしみ取りにも
使われます。

局部麻酔後炭酸ガスレーザーを照射しますので
殆ど痛みを感じることなく5~10分ほどでほくろを
取ることができます。

ほくろ除去後は赤み、凹みは数か月のこります。
もし目に見えないほくろ細胞があった場合は
ほくろ除去クリームと違い再発の危険性があります。

医者の目に見えない細胞を取る手段はないので
その場合のほくろの再発は避けることはできません。

 

メスで切開するほくろ除去方法

炭酸ガスレーザーが使えないほくろには
メスで切開するほくろ除去方法を行います。

ほくろの組織が皮膚の奥深くまである場合などには
炭酸ガスレーザーが使えない為メス切開が採用されます。

局部麻酔後ほくろの周りに印をつけ
メスで切開して縫合しますので縫合跡が
少し目立つかもしれません。
10分ほどでほくろ除去手術は終了します。

ほくろ除去後は縫合跡、赤み、凹みは数か月のこります。
縫合跡は両端が固くなることがあります。

炭酸ガスレーザーと同じように医者の
目に見えないほくろ細胞があった場合は
ほくろ除去クリームと違い再発の危険性があります。

医者の目に見えないほくろ組織は除去できませんので
その場合のほくろの再発は避けることはできません。

 



※ほくろ除去クリームこちらよりお申し込みができます。
日本で一番の実績と販売数ニッキーモールアウトクリーム


自分でほくろ除去方法

ほくろ除去するには病院に行かずに自力でほくろ除去
する方法が何種類かあります。

 

ほくろ除去クリームでのほく方法

ほくろ除去クリームはクリームを塗るだけでほくろが取れるという
非常に簡単な方法です。

ほくろ除去クリームには
・ニッキーモールアウトクリーム
・WMVクリーム(モールワートバニッシュ)
があります。

ほくろ除去クリームのおすすめな点は
ニッキーモールアウトクリームの場合ほくろ一個当たり100円未満で
取れるという圧倒的な安さです。

ほくろ除去クリームのおすすめ出来ない点は
使うのはそれぞれ個人ですから個人個人が注意しないと
失敗する恐れがあるという事です。

ほくろ除去クリームには危険性はないのか?
ほくろ除去クリームはもともとフィリピンの皮膚科医が開発したもので
医薬品というよりハーブ製品です。成分に危険性はありません。

使う本人次第という事です。使う本人が安全にほくろ除去クリームを使うために
何度も説明書を読み、重要点を把握してほくろ除去に臨めば
ほくろ除去クリームは危険性のない安心してほくろ除去できるものなのです。

おすすめほくろ除去クリームは?
初めてほくろ除去クリームを使われる方には
ニッキーモールアウトクリーム ハイエストクリームがおすすめです。
難しい工程がなく、10分程度で終わることから初心者の方でも
比較的簡単にほくろ除去することが可能です。

 

もぐさでのほく方法

もぐさとはせんねん灸で知られるお灸の事です。
日本では古来からお灸によるほくろ除去が行われてきました。
いわゆる民間療法でのほくろ除去方法です。
ほくろの上で毎日お灸を炊いてほくろを乾燥させることで
ほくろを取っていきます。

もぐさ(お灸)のおすすめな点は
とにかく安さです。大変お安くほくろを除去することができます。

もぐさ(お灸)のおすすめ出来ない点は
毎日お灸を炊かないといけないのですごく面倒な点が挙げられます。
ほくろ除去クリームの場合1回10分で終わりますから。

もぐさ(お灸)には危険性はないのか?
毎日お灸を炊かないといけないので火傷したという方は
よく見かけます。危険性といえば危険性なのかもしれません。
使う本人次第なのかもしれません。

 

カソーダでのほく方法

カソーダでほくろが取れると中学生や高校生の間では500円ほどで
購入できるためチャレンジしてる人が多いです。

自分でカソーダを作ることもできるのでカソーダを自作する方も
多くいられます。

しかし残念ながらほくろはカソーダでは取れませんのでお勧めできません。
おすすめできないというよりほくろ除去に関しては論外です。

ほくろは根っこが深いためほくろ除去クリームと違いカソーダ
にはほくろの根っこまで浸透する成分が入っていないのです。

カソーダにできることは薄いしみを取ることならチャレンジしてみることは
おすすめします。

ただ色素沈着や肌荒れなどの危険性が多いことから
すすんでおすすめできるものではありません。

コメントを残す

このページの先頭へ