もうほくろ取りの方法に悩まない!自分でほくろ除去する安い方法は?

皮膚科に行きたいけど皮膚科に行けない。
でも自分でほくろ除去したい。
自分でほくろ取りの方法を知りたい。
そのような皆様に自分でほくろ除去出来る
方法をまとめて紹介します。

 



※ほくろ除去クリームこちらよりお申し込みができます。
日本で一番の実績と販売数ニッキーモールアウトクリーム


自分でほくろ除去する安いほくろ取りの方法

ほくろは取りたいが皮膚科には行けない
ほくろは取りたいが費用が高くて難しい

そういう方には自宅で自分でほくろ除去する安い
ほくろ取り方法があります。

・ほくろ除去クリームによるほくろ除去
・カソーダによるほくろ除去
・もぐさによるほくろ除去

 

ほくろ除去クリームによるほくろ除去

自分でほくろ取りをするにはほくろ除去クリームが
最も簡単なほくろ除去方法と言えます。

費用も安いためお金の負担も少なく
皮膚科の費用が高くてほくろ取りをあきらめた方にとって
自分で安く簡単にほくろ取りができるのは
嬉しいことだと思います。

ほくろ除去クリームの種類

ほくろ除去クリームの先進国はフィリピンになります。
なぜならほくろ除去クリームを最初に開発した
皮膚科医がフィリピンだからです。

・ニッキーモールアウトクリーム
・WMVクリーム(ワートモールバニッシュ)
・Dewartクリーム
などがあります。

自分でほくろ除去クリームを使い安い費用でほくろ取り
するには自分に合ったほくろ除去クリームを選ぶのも大切です。

 

ニッキーモールアウトクリーム


※人気のほくろ除去クリームこちらよりお申し込みができます。

ニッキーモールアウトクリームはほくろ除去クリームの歴史の
中では非常に新しいブランドです。
しかしほくろ除去クリームが年々進化を遂げており
日本国内ではおなじみのほくろ除去クリームになってます。

ニッキーモールアウトクリームには
・スクラッチクリーム
・ノースクラッチクリーム
・ハイエストクリーム
などがあり使う方が選べるようなスタイルを取ってます。

スクラッチクリーム

スクラッチクリームは金額が3980円 ほくろ40個分
自分で1個100円未満で非常に安い費用でほくろ取りができます。

ほくろ除去をするクリームの中では一番元祖で旧式にあたり
・WMVクリーム(ワートモールバニッシュ)
・Dewartクリーム
と中身は同タイプ(同等品)のものになります。

ほくろ取りする際にスクラッチというほくろに傷をつけなければ
いけなくそれが怖いという方もおられるようです。

しかし自分でほくろ除去するには最も早く安くほくろ取る出来る方法です。

ノースクラッチクリーム

ノースクラッチクリームは金額が4980円 ほくろ40個分
自分で1個100円ちょっとで比較的安い費用でほくろ取りができます。

従来のスクラッチを省いたほくろ除去クリームで
自分でほくろ取りする際に恐怖感なくほくろ取りが出来る
ようになったクリームです。

・スクラッチクリーム
・WMVクリーム(ワートモールバニッシュ)
・Dewartクリーム
の上位タイプにあたります。

ただし皮膚に優しくしたことから1時間以上クリームを塗らなければ
ならなくなりその辺はマイナス点なのかもしれません。

ハイエストクリーム

ハイエストクリームは金額が9980円 ほくろ40個分
自分で1個200円ちょっとで比較的安い費用でほくろ取りができます。

・スクラッチクリーム
・ノースクラッチクリーム
・WMVクリーム(ワートモールバニッシュ)
・Dewartクリーム
の上位タイプにあたります。

ノースクラッチクリームでマイナス点だったクリーム塗布時間を
お肌への優しさを残したまま10分に縮めたものです。
自分でほくろ除去するには現在の最先端タイプにあたります。

 

WMVクリーム(ワートモールバニッシュ)

WMVクリーム(ワートモールバニッシュ)は金額が7500円 ほくろ10個分
自分で1個750円で皮膚科より比較的安い費用でほくろ取りができます。

WMVクリーム(ワートモールバニッシュ)はアメリカの商品ですが
フィリピンのDewartクリームのOEMにあたります。

ほくろ取りをする際にはスクラッチが必要になり
・ニッキーモールアウトクリーム スクラッチクリーム
・Dewartクリーム
と同等品にあたります。

 

Dewartクリーム

Dewartクリームは金額が7000円 ほくろ10個分
自分で1個700円で皮膚科より比較的安い費用でほくろ取りができます。

Dewartクリームは実はほくろ除去クリーム開発者が
作ったクリームでほくろ除去クリームの元祖になります。
世界の学会などで賞を取ってるクリームでもあります。

ほくろ取りをする際にはスクラッチが必要になり
・ニッキーモールアウトクリーム スクラッチクリーム
・WMVクリーム(ワートモールバニッシュ)
と同等品にあたります。

 


※ほくろ除去クリームこちらよりお申し込みができます。
日本で一番の実績と販売数ニッキーモールアウトクリーム


カソーダによるほくろ除去

カソーダは500円程度で買えて自作もでき比較的安いのですが
ほくろ取りには不向きでほくろを取ることはできません。

ほくろ除去には残念ながら適していません。

しかしながら自分で薄いしみなどを取るには安い費用で
チャレンジできるので良いかもしれません。

 

もぐさによるほくろ除去

もぐさというのはせんねん灸の事で3000円くらいで購入できるので
自分でほくろ取りするには非常に安いと思います。

毎日一回ほくろの上でせんねん灸に火をつけて
三日程続けるとほくろがかさぶたになって取れるという
日本に昔から伝わる民間療法です。

自分でやすい費用でほくろ除去できるのですが使い方を間違えると
火傷するなどデメリットがあるのも確かなのです。
自己責任でやすい費用でほくろ取りしたい方は注意して
使ってみるのも良いのかもしれません。

コメントを残す

このページの先頭へ