ほくろ除去の方法別の値段と医療保険の適用条件とは?【画像あり】

ほくろ除去の方法は皮膚科に行ったり形成外科に行ったり
自分でほくろ除去したり沢山方法があります。
ほくろ除去の方法別の紹介と値段について書いていきます。
医療保険の適応条件についても触れたいと思います。


ほくろ除去クリームを使えば自宅でもほくろ除去が可能です

※ほくろ除去クリームこちらよりお申し込みができます。
日本で一番の実績と販売数ニッキーモールアウトクリーム
ほくろ除去クリームは海外では医療機関も使用されています。


ほくろ除去の方法と値段

炭酸ガスレーザー(CO2レーザー)のほくろ除去方法と値段

皮膚科や形成外科、美容外科では炭酸ガスレーザー(CO2レーザー)
という器具がほくろ除去によく使われます。

炭酸ガスレーザー(CO2レーザー)でほくろを焼き取ってしまうという
ほくろ除去方法です。

皮膚科や形成外科、美容外科でほくろを取ることのメリットは
ほくろが良性なのか悪性なのか診断してくれるという点です。

ダーモスコピーという器具を使用してほくろを診断し診断結果をもとに
ほくろの除去方法を選択します。

炭酸ガスレーザー(CO2レーザー)でのほくろ除去方法は万能ではありません。
皮膚の深いところにあるほくろには適さないですし
目視でほくろ細胞を取り除くためほくろ細胞の取り残しも多く
ほくろの再発も多いのは欠点といえるでしょう。

電気メス切除でのほくろ除去の方法は?

皮膚科や形成外科、美容外科などで炭酸ガスレーザー(CO2レーザー)で
除去不可能と医者が判断したときに電気メスでほくろの切除を
行います。

電気メスでほくろの切除は簡単に言うとほくろの周りを切開し
ほくろの深さ部分から丸ごとくり抜く方法です。

ほくろを電気メス切開後くり抜くため縫合や抜糸が必要となります。
どうしても除去部分の傷が大きくなってしまう為
回復に時間がかかるのは欠点だと言えます。

病院でのほくろ除去の値段は?

病院でのほくろ除去の費用は決まりがないので
病院単位で違うと言ってよいです。
知りたい場合は一度皮膚科を受診して聞いてるとよいですね。

ほくろの大きさでほくろ除去の値段は変わってきます。
平均的な価格ですと
2mmまで 7500円
3mmまで 10500円
5mmまで 14500円
10mmまで 19500円
などですがもし医療保険の適用されると値段は3割負担
ですのでずっと安い値段でほくろが取れます。

ほくろ除去の医療保険の適用条件とは?

ほくろ除去には医療保険が適用されることがあります。
しかしすべてのほくろに対して医療保険が
適用が適応されるわけではありません。

美容外科で医療保険が使えないのは美容目的だからです。
いわゆる自己満足で医療行為を受ける為です。

医療保険が認められるには医療が必要だと認められた場合に限ります。

要するに医者がこの患者のほくろを取らなければ生活に支障があると思った場合に
医療保険が適用されるという事です。

例えばほくろが大きくいつも引っかかって困るなどがそれにあたります。

ほくろが悪性で取らなければいけない時にも医療保険が適用されます。

医療保険が認められた場合には3mmまで 10500円のほくろの場合3000円ちょっとで
ほくろレーザー治療を取ることができるので医療保険が認められる場合は
ぜひ皮膚科や形成外科を受診されるとよいですね。



ほくろ除去クリームでのほくろ除去の方法は?

自分でほくろ除去を取る方法があります。
その一つがほくろ除去クリームです。

ほくろ除去クリームは皮膚科医が開発したほくろ取り専用のクリームで
ほくろを消毒後塗るだけでほくろが取れてしまいます。

日本の病院ではほくろ除去クリームは危険だからなどと言われてますが
それは日本の厚生労働省が承認してないからであって
日本国外の海外ではほくろ除去クリームのほくろ除去は
病院やクリニックで実際に行われています。

しかも取り放題パッケージなど本当に値段が安いのが特徴です。

ほくろ除去クリームのほくろ除去方法はすごく簡単で


たとえばこの画像のほくろに10分間ほくろ除去クリームを塗る


こんな感じに画像のようにほくろ除去クリームを10分間塗ります。



約一週間後には画像のように大きいほくろもこんな感じに
ぽろっと落ちるように取れてしまいます。


こちらのほくろのように大きなほくろも


10分間クリームを塗って洗い流すと真っ黒に
これはクリームがほくろの細胞を壊滅された状態。



約一週間後には画像のようにこんな感じに
ぽろっと落ちるように取れてしまいます。
時間の経過とともに除去跡も全く分からなく
周りの肌と同化します。

実際にほくろ除去クリームでほくろを取った経過画像を
紹介しまいたがこのようにほくろ除去クリームを使うほくろ除去の方法なら
一つ100円かからないでほくろが取れてしまいます。

ほくろ除去クリームでのほくろ除去の値段は?

ほくろ除去クリームには日本で通販購入できるのは
ニッキーモールアウトクリームとWMVクリーム(ワートモールバニッシュ)
の2種類です。

ニッキーモールアウトクリームは3980円(ほくろ40個分)~
WMVクリーム(ワートモールバニッシュ)は約8000円(ほくろ6~10個分)~

WMVクリーム(ワートモールバニッシュ)はフィリピンの
ほくろ除去クリームのOEMになるため若干高いですが
ニッキーモールアウトクリームは製造元直売のため
個人でも非常に安い値段で入手することが可能です。

もぐさでのほくろ除去の方法と値段は?

もぐさ(せんねん灸)でもほくろ除去する方法があります。
いわゆる血行促進などのお灸です。

実は日本古来のほくろ除去方法で医療が発達してなかったころの
日本ではお灸でほくろ除去を行っていました。

100歳を超えるようなおばあちゃんなどでしたら’’
お灸でほくろを取ってくれるなどあるかもしれないですね。

お灸でのほくろ除去方法は
ほくろの色素の上でお灸を炊くとほくろの組織の細胞が死滅して
カラカラに乾燥してきてほくろだけが剥げるという
ほくろ除去方法です。

ただ一人で毎日ほくろの上でもぐさを炊くのは非常に難しく
間違って火傷になってる人が多いのが実情です。

せんねん灸の値段は2000円前後で買えるので非常に安いですが
火傷の事を考えるとせんねん灸での自己処理はお勧めできないと言えます。

カソーダ、イボコロリでのほくろ除去の方法と値段は?

カソーダは自分で作ることもできますし
カソーダ、イボコロリも500円~700円ほどで買えますので
本当に安くほくろが取れる方法として噂なのですが

カソーダ、イボコロリも残念ながらほくろの根っこまで取る力が
成分に含まれていません。

要するにカソーダ、イボコロリでほくろの表面が取れても
すぐにほくろが再発してしまうのです。
効果が表れない事のほうが多いです。

イボやしみはほくろの表面上にあるのでカソーダの成分である重曹、
イボコロリの成分であるサリチル酸でも取れる事はあるのですが

ほくろというのは皮膚の奥深く真皮まで達してるため重曹やサリチル酸
ではそこまで成分が浸透しません。

カソーダ、イボコロリではほくろ除去はできません。

コメントを残す

このページの先頭へ