カソーダは安全?その効果と危険性は?

ほくろやしみを取るためにカソーダを使おうかな?
って思っている方もいると思います。
カソーダはほくろには効果があるのでしょうか?
カソーダはしみには効果があるのでしょうか?
その効果と危険性は??

 



※ほくろ除去クリームこちらよりお申し込みができます。
日本で一番の実績と販売数ニッキーモールアウトクリーム


カソーダの効果

カソーダは重曹とひまし油で作った
非常に簡単なクリームです。

重曹はお風呂の汚れや台所の汚れを落とす
効果があります。

強力なアルカリ性で皮膚に対しての効果は
ピーリングのような効果を発揮して
皮膚のしみ、イボ、ほくろを取ると
言われています。

 

カソーダのしみへの効果

カソーダは強力なアルカリ性で皮膚に対しての効果は
ピーリングのような効果を発揮すると書きましたが
ピーリング効果=しみへ効果があると言えます。

ただそんなに簡単なわけではなく
効果があるのは比較的薄いしみに限定されます。

注意しなければいけないのが
しみ以外のところにクリームがついてしまうと
肌荒れが起こり色素沈着の原因などになります。
ここが一番カソーダの危険なところです。

 

カソーダのほくろへの効果

カソーダは強力なアルカリ性でピーリングのような効果を
発揮します。

ほくろというのは皮膚の表面上にあるように見えますが
ほくろは皮膚のさらに奥真皮まで色素が達しているのです。

だからカソーダのピーリングのような効果は
ほくろの奥深くにある色素までは届かない為
カソーダはほくろには効果がないと言えます。

もしカソーダのピーリングのような効果でほくろの表面上の
色素が消えても一番奥の細胞が生きていれば
ほくろは再発しますので
ほくろには効果がないと言えます。

 

カソーダの危険性

カソーダのほくろやしみへの使い方は
カソーダを塗って絆創膏などをはって放置です。

この間にカソーダがしみやほくろ以外の所に
ついたら肌荒れを起こし最悪色素沈着する
危険性などが考えられます。

ほくろ除去クリームの場合10分程で
クリームを洗い流すためこういう
危険性はないのですが
カソーダはしみやほくろを取る専用的ではないので
危険性は高い商品だと言えます。

 



※ほくろ除去クリームこちらよりお申し込みができます。
日本で一番の実績と販売数ニッキーモールアウトクリーム


ほくろ除去クリームとカソーダの比較

ほくろ除去クリーム

ほくろが取れる
しみが取れる
イボが取れる
クリーム塗布 最初の10分間のみ
危険性 使う人次第ですが危険性はないと言えます。

カソーダ

ほくろには効果なし
しみが取れる(薄いしみ限定)
イボが取れる(小さめのイボ限定)
クリーム塗布 効果が出るまでテープで固定
危険性 知らないうちに肌荒れ等の危険性。

コメントを残す

このページの先頭へ